【16年3Q決算】GMOリサーチ、売上高好調 営業利益196.7%増の2億700万円

GMOリサーチ株式会社は、10月27日、2016年12月期第3四半期(2016年1月〜9月)の決算を発表し、売上高22億7,100万円(前年同期比17.3%増)、営業利益2億700万円(同196.7%増)、経常利益1億7,700万円(同178.2%)、最終利益1億100万円(同187.3%)となった。

GMOリサーチ株式会社は、10月27日、2016年12月期第3四半期(2016年1月〜9月)の決算を発表し、売上高22億7,100万円(前年同期比17.3%増)、営業利益2億700万円(同196.7%増)、経常利益1億7,700万円(同178.2%)、最終利益1億100万円(同187.3%)となった。

これは、D.I.Yサービス事業の好調、3月の広告予算消化にCPATの好調なことを受けて増収した。地域別では、日本と欧州が好調だった。

事業別にみると、アウトソーシング事業が調査会社からの案件受託本数、単価ともに好調に推移し、売上高17億54,00万円(前年同期比16.4%増)。D.I.Yサービス事業は、サービスの浸透により、利用頻度が増加し、売上高3億9,800万円(同65.6%増)となった。

2016年通期の業績予想は、売上高31億5,600万円、営業利益2億2,000万円、経常利益2億600万円、最終利益1億2,400万円の見込み。