<速報>【16年3Q決算】クックパッド、営業利益48.3%増益…会員事業・広告事業が好調、みんなのウェディングが増収をさらに後押し

クックパッドは、2016年12月期第3四半期の決算を発表し、売上収益123億1,300万円(前年同期比36.0%増)、営業利益61億3,500万円(同48.3%増)、税引前利益61億3,700万円(同51.3%増)、四半期利益37億9,200万円(同53.4%増)、最終利益37億1,100万円(同49.8%増)となった。

クックパッドは、11月9日、2016年12月期第3四半期の決算を発表し、売上収益123億1,300万円(前年同期比36.0%増)、営業利益61億3,500万円(同48.3%増)、税引前利益61億3,700万円(同51.3%増)、四半期利益37億9,200万円(同53.4%増)、最終利益37億1,100万円(同49.8%増)となった。

### 「クックパッド」会員事業・広告事業が好調、みんなのウェディングが増収をさらに後押し

主に「クックパッド」の会員事業及び広告事業の売上が順調に伸びたこと、2015年12月期第3四半期連結会計期間より「株式会社みんなのウェディング」を連結子会社化したこと等により売上収益が増加した。なお、第3四半期期間連結会計期間中に、連結子会社のセレクチュアーの全株式を売却し、同社を連結の範囲から除外している。

### 国内の月次利用者数は6,000万人を突破

国内の事業進捗を見ると、国内における「クックパッド」の月次利用者数(1ヶ月の間の訪問者をブラウザベースまたは端末ベースにより集計)は、2016年9月末時点で6,010万人(前年同月比7.8%増)となった。また、レシピ数も堅調に増加し、2016年9月末には累計投稿レシピ数が251万品を超えた。

「クックパッド」は、日常の生活導線上で利用されている。そのため、日常生活の多様なシーンでインターネットの利用が可能なスマートフォンとの相性が非常に良く、特にスマートフォンからの利用者(タブレットからのアプリの利用者数を含む)が順調に増加し、4,615万人(同16.9%増)となった。今後も、多様化するデバイス及びそれに付随した新機能に適応したサービスの展開に注力する予定。

### 海外の月次利用者数は約3,000万人へ

海外の事業進捗を見ると、2014年4月期からレシピサービスの世界展開を開始、主に英語圏、スペイン語圏、インドネシア語圏及びアラビア語圏の地域を中心に展開しており、これらの地域での月次利用者数は2,929万人(同74.1%増)となった。

言語別のサービスの月次利用者数は、英語圏が109万人(同48.7%増)、スペイン語圏が1,485万人(同93.0%増)、インドネシア語圏が865万人(同111.6%増)、アラビア語圏が467万人(同8.9%増)だった。今後も、日本を含めたグローバルでのサービス開発を進めて利用者の拡大を推進し、レシピサービスの世界展開をさらに加速させていきたい考えだ。

### レシピサービス事業(国内・海外「クックパッド」関連事業)

#### 会員事業:プレミアム会員と通信キャリアのレベニューシェアが順調

また、国内外における会員事業の売上収益は、64億8,700万円(同37.3%増)だった。プレミアム会員数が引き続き堅調に推移し、NTTドコモが運営する「dグルメ」等のレベニューシェアを含む通信キャリアからの売上収益が順調に増加した。

#### 広告事業:リッチメディア広告が順調に増加

一方、広告事業の売上収益は、タイアップ広告とディスプレイ広告を合わせたリッチメディア広告を中心に売上収益が順調に増加し、35億9,800万円(同16.1%増)だった。

#### 買物情報事業:有料サービス利用店舗が約6,200店舗に増加

さらに、買物情報事業の売上収益は2億4,600万円(同56.8%増)となった。2015年3月より開始した「特売情報」の小売店向け有料サービスが、2016年9月末時点において、有料サービス利用店舗数は約6,200店舗となり、順調に増加した。

### その他インターネット・メディア事業
#### みんなのウェディングが増収をさらに後押し
その他インターネット・メディア事業では、みんなのウェディング」を連結子会社化したこと等により、売上収益が17億3,800万円(同91.9%増)となった。