<速報>【16年2Q】東芝、年初来高値を記録…第2四半期業績を上方修正 営業利益950億円の黒字

東芝は、本日(10月31日)、2016年第2四半期(2016年4月〜9月)の連結業績予想を上方修正し、売上高2兆5,800億円、営業利益950億円、最終利益850億円と発表した。上期の業績予想の上方修正は、今期に入って3度目となる。これを受け、10月31日14時5分時点の東芝株は、年初来高値の382円を記録している。

東芝は、本日(10月31日)、2016年第2四半期(2016年4月〜9月)の連結業績予想を上方修正し、売上高2兆5,800億円、営業利益950億円、最終利益850億円と発表した。上期の業績予想の上方修正は、今期に入って3度目となる。

これは、スマートフォン向けのメモリ及びパソコン向けゲーム機向けのHDDの販売が予想て以上に好調だったほか、コスト圧縮や顧客要望による販売前倒しなどの影響でストレージ&デバイスソリューション分野も約130億円の営業利益の増加を見込んだことによるもの。

なお、一部の事業は黒字化に向けて追加の構造改革などの必要性を検討している、という。

[東芝株、Yahoo! Japan ファイナンスより]

これを受け、10月31日14時5分時点の東芝株は、年初来高値の382円を記録している。