【速報:16年通期】サイバーエージェント、売上高22%増・営業利益12%増の増収増益

株式会社サイバーエージェントは、本日(10月27日)、2016年9月期通期決算を発表し、売上高3,106億6,500万円(前年同期比22.1%増)、営業利益367億9,000万円(同12.3%増)、経常利益は353億4,100万円(同9.4%増)、最終利益136億1,200万円(同8.0%減)となった。

株式会社サイバーエージェントは、本日(10月27日)、2016年9月期通期決算を発表し、売上高3,106億6,500万円(前年同期比22.1%増)、営業利益367億9,000万円(同12.3%増)、経常利益は353億4,100万円(同9.4%増)、最終利益136億1,200万円(同8.0%減)となった。

それでは、セグメント別にみよう。メディア事業(「AbemaTV」「FRESH!」「Ameba」等)は、4月11日に開局した「AbemaTV」等の動画事業への先行投資等により、売上高219億3,400万円(同6.0%減)、営業損益83億100万円の赤字(前年同期、2億9,900万円の赤字)だった。

ゲーム事業(Cygames、サムザップ、ジークレスト、アプリボット等)では、主力タイトルが好調に推移し、売上高1,226億3,800万円(前年同期比40.9%増)、営業利益304億5,100万円(同70.3%増)となった。

インターネット広告事業(インターネット広告事業本部、CyberZ等)は、スマートフォン向けのインフィード広告や動画広告の順調な販売等により、売上高1,704億7,300万円(同19.3%増)、営業利益145億2,800万円の利益計上(同26.1%増)となった。

投資育成事業(コーポレートベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・ベンチャーズ等)は、売上高17億4,800万円(同75.8%減)、営業利益3億8,400万円(同92.3%減)だった。そのほかシーエー・モバイル、ウエディングパーク等の事業は、売上高169億5,100万円(同0.9%増)、営業利益17億6,100万円の(同550.7%増)となった。

最後に、2017年9月期通期(2016年10月〜2017年9月)の業績予想をみよう。売上高は、引き続きスマートフォン市場の成長を取り込み、当期比15.9%増の3,600億円と予想している。利益面は、インターネット広告事業の順調な成長、ゲーム事業の収益貢献を見込む一方で、中長期の柱に育てるため、「AbemaTV」等の動画事業への先行投資を強化することから営業利益280億円、経常利益は267億円、最終利益100億円の見込み。