【速報】LINE、福岡市と情報発信強化に関する連携協定を締結…政令指定都市との協定は初の取り組み

LINE株式会社は、本日(10月24日)、福岡市と、福岡市における情報発信強化に関する連携協定を締結した。これにより、コミュニケーションアプリ「LINE」を活用して、両者連携のもと、生活に密着した様々な分野の市政情報発信に取り組む。なお、LINEにおける政令指定都市との協定は今回の福岡市が初となる。

LINE株式会社は、本日(10月24日)、福岡市と、福岡市における情報発信強化に関する連携協定を締結した。これにより、コミュニケーションアプリ「LINE」を活用して、両者連携のもと、生活に密着した様々な分野の市政情報発信に取り組む。なお、LINEにおける政令指定都市との協定は今回の福岡市が初となる。

LINEでは、スマートフォンにおけるコミュニケーションおよび生活インフラを担う立場として、自治体と連携した取り組みに力を入れている。

一方、福岡市は、2012年より、LINE@アカウント(ID: @fukuokacity)を取得し、市民向けに環境情報(PM2.5基準超過予測)などを配信している。

今回の連携協定で、LINEと福岡市は、さらなる市民サービスの向上や地域の活性化に向けて、情報発信力の強化に取り組む考えだ。具体的には、①市の情報発信の充実強化に関すること、②協定の目的を達成するために必要な取り組みに関することで連携協定を締結している。

今後、LINEでは、災害時におけるLINEを通じた情報発信と、減災・復興支援等の取り組みも視野に入れ、福岡市だけでなく、他自治体も含めた連携体制やシステム構築などの検討を進めていく予定。