【速報】Hamee、役員持株会設立、組織体制変更…三尋木氏がROOT社の経営に専念

Hamee株式会社は、本日(10月21日)開催の取締役会において、役員持株会設立を設立し、さらに取締役の辞任及び組織体制の変更並びに取締役の担当職務の変更を決定したことを発表した。

Hamee株式会社は、本日(10月21日)開催の取締役会において、役員持株会設立を設立したことを発表した。

役員持株会設立によって、インサイダー取引を回避するとともに、役員自らが株式の継続的な取得と保有を通じて、株主と株主価値をより一層共有することで、さらなる企業価値の向上を図る。

役員持株会の入会資格は、Hameeの取締役及び監査役並びに執行役員で、毎月1口1万円とし、拠出口数は99値を上限。なお、株式購入開始時期は2016年11月を予定。

さらにHameeは、同日開催の取締役会において、取締役の辞任及び組織体制の変更並びに取締役の担当職務の変更を決定したことも明らかにした。

取締役辞任については、ROOT株式会社代表取締役を兼務する、取締役コマース事業部事業部長の三尋木準氏が、ROOT社の経営に専念するために、取締役を10月31日付で辞任。

Hameeでは、アウトドアでスマートフォンをはじめとするモバイル機器を快適に楽しめるモバイルギアの企画・製造をするブランド「ROOT CO.」を立ち上げ、本格展開を企図して、2016年8月1日付で子会社「ROOT株式会社」を設立した。

組織体制については、事業部制・本部制を廃止し、全社の一体感を醸成することによって、セグメント間のシナジーをより強固に発揮させると同時に、部署横断型のプロジェクトの組成を容易にし、社内の人的資源を有効活用することで、経営の効率性を高める。

これに伴い、以下の通り、部署名の改称、取締役の担当職変更も実施。