【詳報】上場後初!ユーザベース決算説明会、V字成長で先行投資フェーズから収益フェーズへ…売上高は過去最高最大 営業利益は大幅黒字化

今回、Pedia Newsでは、11月9日に公開された決算短信、決算説明会資料をベースに、ユーザベースの2016年12月期第3四半期の決算を紹介する。

2016年12月期の企業の第3四半期(2016年1月〜9月期)の決算発表が本格化している。

* 参考記事1:決算シーズン到来!注目IT関連株の決算スケジュールまとめ(2016年10月末)

### 上場後、初決算!ユーザベース、2016年3Q決算説明会

その中でも注目企業のひとつがユーザベースだ。ユーザベースは、10月21日に東証マザーズ市場へ新規上場したばかり。

ユーザベースは、11月9日、2016年12月期第3四半期の決算を発表するとともに、決算説明会を開催した。ユーザベースにとって、今回が上場後の初めての決算となる。

* 参考記事2:【新規上場】ユーザベース、2016年通期業績予想を公開…売上高30億4,500万円、営業利益1億5,300万円

今回、Pedia Newsでは、11月9日に公開された決算短信、決算説明会資料をベースに、ユーザベースの2016年12月期第3四半期の決算を紹介する。

### V字成長で先行投資フェーズから収益フェーズへ

まず第3四半期の連結決算を見ると、売上高21億8,000万円、営業利益2億4,000万円、営業利益率10.9%、経常利益2億1,000万円、最終利益1億8,000万円となった。

### 売上高は前年比71%増、計画の進捗率72%

売上が堅調に推移し、前年同期の12億8,000万円から71%増の21億8,000万円で着地した。

これにより、売上計画の進捗状況は推移し、会社予想の30億5,000万に対し進捗率72%となった。

### 営業利益は大幅な黒字化、計画の進捗率155%でクリア

一方、営業利益は前年同期の3億円の赤字から大幅な黒字化を達成した。

これにより、営業利益は会社予想の1億5,000万円を大きく上回る結果となった。なお、人材強化のための採用広告・採用費及び従業員報酬への投資、第3四半期までに生じているデータ仕入料に関する予算未消化部分の年内の投資、プロモーションの ための広告投資を実 施する可能性があることから、現時点では上方修正はしないという。

### 気になるセグメント別の業績をチェック!

ここからはセグメント別の業績を見よう。ユーザーベースでは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げ、BtoBサービスである企業・業界分析を行うビジネスパーソンのためのオンライン情報プラットフォーム「SPEEDA」とBtoCサービスであるソーシャル機能も兼ね備えた、経済ニュースプラットフォーム「NewsPicks」の2つの事業を運営。

### 「SPEEDA」契約ID数1,400件を突破

まず「SPEEDA」事業は、既存顧客による契約IDの追加及び事業会社による新規導入を中心に国内外において販売は堅調に推移し、2016年9月時点で、国内契約ID数1,305、海外契約ID数146となり合計契約ID数は1,451となった。

### 「SPEEDA」売上高41%増の15億5,000万円

その結果、「SPEEDA」事業の売上高は前年同期の11億円から41%増の15億5,000万円、セグメント利益は2億6,000万円だった。

### 「NewsPicks」有料会員数2万6,000を突破

次に「NewsPicks」事業は、自社コンテンツの拡充や外部メディアとの提携により、有料コンテンツを豊富にしたことで、有料課金ユーザー数、登録ユーザー数共に順調に増加し、有料課金売上が増加した。また、広告サービスに対する需要も高まっており、広告売上も増加した。

これより、2016年9月時点で、累計有料会員数2万6,255、月間平均DAU数51万539、月間平均会員DAU数16万1,119、会員ユーザー数175万3,000人、有料課金ユーザー数2万6,255人となった。

### 「NewsPicks」営業利益率が大幅な改善

その結果、「NewsPicks」事業の売上高は6億3,000万円、セグメント損失は2,000万円で着地し、営業利益率が大幅に改善した。

### ユーザベース、今後の戦略方針を発表

最後に今後の展望を見よう。ユーザベースでは、今後の戦略方針として、①「SPEEDA」「NewsPicks」の収益基盤の強化、②「SPEEDA」「NewsPicks」のシナジー創出、そして③海外成長への投資を掲げる。

### 1.「SPEEDA」「NewsPicks」の収益基盤の強化
#### 「SPEEDA」「NewsPicks」サービス拡充へ

①の「SPEEDA」「NewsPicks」の収益基盤の強化では、「SPEEDA」で事業会社向け機能の拡充とオリジナルコンテンツの拡充、「NewsPicks」で有料課金向けサービスの拡充(まとめ読み機能)とリクルーティングサービスの強化を進める。

実際「NewsPicks」において、決算発表の前日8日に、インテリジェンスと業務提携を締結し、ハイエンド人材向けリクルーティングサービス事業を強化していくことを発表している。

* 参考記事3:インテリジェンスとNewsPicksが業務提携、ハイエンド人材向けリクルーティングサービス事業を強化

### 2.「SPEEDA」「NewsPicks」のシナジー創出
#### 「SPEEDA」x「NewsPicks」法人向けサービス開始

②の「SPEEDA」「NewsPicks」のシナジー創出では、「NewsPicks」において「SPEEDA」と連携した法人向けサービスを開始する。

### 3. 海外成長への投資
#### 「SPEEDA」日本からアジア、そして米国進出へ

③の海外成長への投資では、特に「SPEEDA」において、アジア市場での販売力強化と米国進出の準備を進める。

なお、2016年12月期(2016年1月〜12月)の通期業績予想は、売上高30億5,000万円(前期比59.0%増)、営業利益1億5,000万円、経常利益1億2,000万円、最終利益8,000万円(同24.3%減)の見込み。