【モバイルファクトリー決算説明会】2017年第1四半期は四半期過去最高益を更新 広告費を抑えながらも『駅メモ!』継続率向上でDAUが拡大

モバイルファクトリーは、4月21日、2017年12月期第1四半期(1月〜3月)の決算発表を行うと共に、東京都内で、証券アナリスト・機関投資家向けの決算説明会を開催した。今回、Pedia Newsでは、その様子をまとめた。

モバイルファクトリーは、4月21日、2017年12月期第1四半期(1月〜3月)の決算発表を行うと共に、東京都内で、証券アナリスト・機関投資家向けの決算説明会を開催した。

今回発表した決算は、売上高5億8600万円(前年同四半期比21.6%増・前四半期比0.7%減)、営業利益2億2700万円(同、50.4%増・52.5%増)、経常利益2億2700万円(同、50.4%増・52.4%増)、最終利益1億5700万円(同、62.6%増・47.8%増)だった。

決算説明会では、株式会社モバイルファクトリー代表取締役CEOの宮嶌裕二氏が、今回発表された決算における注目のポイントや今後の戦略を説明した後、質疑応答が実施された。今回、Pedia Newsでは、その様子をまとめた。

第1四半期の数字をみていくと、引き続き『ステーションメモリーズ!(駅メモ!)』を中心とする位置情報連動型ゲームが堅調に推移し、売上高が前四半期比で微減であった一方、営業利益は前過去最高となった。冬場ということで、移動が減る時期である上に、営業日が通常よりも少ない時期であったが、売上は微減にとどまった。その一方で、広告宣伝費を大きく抑えながらも、DAU(1日あたりのアクティブユーザー数)が増加したことで、営業利益は過去最高益を更新した。**「前四半期で1億2800万円使った広告宣伝費を、7100万円まで下げたが、DAUが伸びている。これが今回の決算で最大のトピック。」**(宮嶌氏)

DAUが伸びた理由は何か。その有力な理由の一つは、継続率が向上したことだ。日本郵便とのコラボイベントでは、ゲーム内イベントの他に、全国の対象郵便局にてオリジナル切手セットの販売、商業施設KITTE内の飲食店などと連携したポストカードプレゼントなど、ゲームとリアルでの体験を連動したイベントを実施した。

さらに、SHOW BY ROCK!!とのコラボイベントでは、既存のソーシャルゲームで取り入れられている、ギルド形式のイベントを採用したことが功を奏した。**「新しく入ってきてくれたユーザーの中でも、継続して遊んでくれるユーザーが増えた。それほど広告費を積まずとも、遊んでくれるユーザーを作れるようになったことが大きい」**(宮嶌氏)

また3月15日にリリースした新作位置ゲーム『レキシトコネクト』は**「想定通りの立ち上がり」**という。**「4月からウェブを中心にプロモーションを開始しているが、初期の継続率は駅メモ!リリース時よりも当然いいが、いまの駅メモ!には及ばない。駅メモ!もリリース後、運営で改善を繰り返しており、KPIとROIを見ながら運営していきたい。それがモバイルファクトリーのやり方。」**(宮嶌氏)

今後については、駅メモ!に継続注力する。昨日改善を行うとともに、他社IPとのタイアップも強化していく。すでに、DeNAのニュースアプリ『ハッカドール』とのコラボイベント第二弾も開催が決定しているという。そして、地方創生やO2Oイベントとして、京都市交通局とのコラボイベントも第二弾を開催予定とのこと。**「IPコラボやスタンプラリーのようなイベントは一時的に大きく売上もたつが、”こんなことしたことがない”とユーザーが思えるような新しい体験がないと継続的な部分では厳しいと思っている。コロプラさんのコロカの仕組みは、ゲームという枠組みを超えて実際にお店に買いに行くという行動をユーザーに起こしている点で素晴らしい仕組みだと思っている。僕らも今回、日本郵便やKITTEでリアルと連動するイベントを開催したが、”今までゲームを遊んでいてこんなことしたことがない”というような体験を提供していきたいし、それがエンターテイメントだと思う。もちろん、これから夏場に入って行くと、夏休みなど人が動きやすい時期にも入るので、みなさんに喜んでいただけるようなリアル連携イベントを準備していく。」**(宮嶌氏)