【モバイルファクトリー決算説明会】『駅メモ!』大型IPコラボで売上/DAUの過去最高を更新 来春オリジナルIPの新作タイトルを発表…宮嶌CEO「体験型エンターテイメント企業」としてさらなる躍進誓う

モバイルファクトリーは、2016年12月期通期の決算発表を行うと共に、東京都内で、証券アナリスト・機関投資家向けの決算説明会を開催した。今回、Pedia Newsでは、その質疑応答内容も含めて、会見の様子をまとめた。

モバイルファクトリーは、1月20日、2016年12月期通期の決算発表を行うと共に、東京都内で、証券アナリスト・機関投資家向けの決算説明会を開催した。なお、2016年12月期第3四半期の決算は下記の参考記事をみてもらいたい。

* 参考記事:**【モバイルファクトリー決算説明会】過去最高益を更新、『駅メモ!』が最高売上・今年最高のDAUを更新…初のテレビCM・交通広告、大型IPコラボを実施**

今回発表した通期(2016年1月〜2016年12月期)決算は、売上高20億7200万円(前年比18.3%増)、営業利益6億1100万円(同94.6%増)、経常利益6億1100万円(同100.0%増)、最終利益4億1100万円(同122.2%増)だった。

第4四半期(2016年10月〜2016年12月期)の業績を見ると、売上高5億9000万円(前四半期比18.2%増)、営業利益1億4900万円(同8.0%減)、経常利益1億4900万円(同7.9%減)、最終利益1億600万円(同1.3%減)であった。

決算説明会では、株式会社モバイルファクトリー代表取締役CEOの宮嶌裕二氏が、今回発表された2016年12月期における注目のポイントや今後の戦略を説明した後、質疑応答が実施された。今回、Pedia Newsでは、その質疑応答内容も含めて、会見の様子をまとめた。

第4四半期の数字を中心にみていくと、売上高が前四半期比で大幅増加で過去最高の5億9000万円であった一方、営業利益は前四半期比で微減の1億4900万円となった。

これは、広告宣伝費1億2800万円(前四半期比73.0%増)と広告宣伝への積極投資したことが大きい。これまでの費用の内訳をみると、モバイルファクトリーは、第4四半期に広告宣伝費を大きく投資する傾向にあり、**「1Q〜3Qは5000万円〜7000万円を投資して4Qに大きくかけるモデル」**(宮嶌氏)となっている。しかし、今四半期は、初のテレビCM、交通広告実施などで広告宣伝費が前期比で5400万円膨れ上がった中で、営業利益は1300万円減にとどまっており、位置ゲームの好調さを伺わうことができよう。

位置ゲームの売上高を見ると、主力の『ステーションメモリーズ!(駅メモ!)』が過去最高売上を更新するなど牽引(けんいん)して前四半期比で大幅増加の3億5900万円となった。

これは、駅メモ!が、大ヒット映画『君の名は。』とのタイアップキャンペーンなど大型IPとコラボキャンペーンを実施したことで、**「これまで試していなかった広告を試したことで売上を大幅に増加し、DAU(1日あたりのアクティブユーザー数)も過去最高を更新」**(宮嶌氏)したことによるものだった。

来期計画については、売上高24億8600万円(前年比20.0%増)、営業利益7億6100万円(同24.6%増)、経常利益7億4700万円(同22.2%増)、最終利益5億1600万円(同25.4%増)と増収増益を見込む。

具体的には、駅メモ!を継続注力するとともに、自社オリジナルタイトルを今春リリース予定。なお、駅メモ!については、次の第1四半期では「4Qに比べて広告宣伝費を控えることから、駅メモ!のDAUは低下することも予想されるため、売上・DAU共に過去最高を更新するのは難しいかもしれないが、その分利益は出やすいかもしれない」(宮嶌氏)と保守的な見解を示した。

今後については、短期的には、好調な駅メモ!において、大型IPをはじめとした各種コラボを実施し、継続率を重視した施策を打ち、体験型イベントを継続的に行い、さらに新作を今春リリースすることで、**「グロスベースで四半期10億円の売上」**(宮嶌氏)を突破し、国産位置ゲームNo.1企業を実現したい考えだ。

中長期的には、位置ゲーム・O2O・地方創生分野でさらなる成長を遂げ、自治体や鉄道事業者等との連携を継続していきたい考えだ。

* 参考記事:**モバイルファクトリー「駅奪取シリーズ」「駅メモ!」のO2Oイベント実績公開!イベント参加人数17万人 経済効果15億円**

実際、位置ゲームにおいて2016年に実施したO2Oイベントの成果を見ると、イベント参加人数は前年に比べ5.7倍増の17万人、また経済効果も参加人数に比例して15億円と前年よりも大きな効果を生み出している。最後に、宮嶌氏は、**「我々のゲームを遊んでくれるユーザーが増えれば、日本も良くなる、地方もよくなるというような視点を持って取り組んでいきたい」**と締めくくった。

### 編集後記

駅メモ!を中心に位置ゲームに注力するモバイルファクトリー。今回の決算説明会で、宮嶌氏は、**「我々のゲームはスマートフォンスマートフォンゲームの中にセグメントとして入れられていると思うが、個人的には体験型ゲームであると考えている」**ことを明かし、ゲーム企業というよりもむしろ「エンターテイメント企業の中でもユニークな体験型エンターテイメント企業」として独自のポジションを築いていきたいと語っている。

世界ではポケモンという老若男女に愛される強力なIPを活かした『ポケモンGO』が位置ゲームの王者として君臨するが、モバイルファクトリーではオリジナルIPをベースに大型IPとコラボすることで、まずは日本でNo.1の位置ゲーム企業として成長することを目指している。

君の名は。や初音ミクなど、日本中の誰もが知るであろう大型IPとのコラボを通じて、駅メモ!のさらなる認知と継続利用を推し進める中で、やはり来期で気になるのはオリジナルIPの新作タイトルであろう。オリジナルIPで勝負を続けてきた同社にとって、**「これまでの集大成とも言える位置ゲームタイトル」**(宮嶌氏)とのことだが、駅メモ!につづく同社のヒットタイトルとなり、国内のユーザーに愛されるゲームとして成長していく姿を期待したい。