『VISITS OB』運営のVISITS WORKSと立教大学が業務提携…大学1年生からのキャリア教育を共同構築へ

『VISITS OB』を運営する株式会社VISITS WORKSと立教大学キャリアセンターは、大学1年生からのキャリア教育強化のため、学生の動向・キャリア志向を解析できるシステムの共同開発に向けて業務提携を締結しタコとを発表した。今回の業務提携では、VISITS WORKSのデータ解析技術をベースに、大学が学生のキャリアに関する志向・動向を把握でき、進路指導に役立てていくための仕組みを共同で構築していく。

『VISITS OB』を運営する株式会社VISITS WORKSと立教大学キャリアセンターは、大学1年生からのキャリア教育強化のため、学生の動向・キャリア志向を解析できるシステムの共同開発に向けて業務提携を締結したことを発表した。

今回の業務提携では、VISITS WORKSのデータ解析技術をベースに、大学が学生のキャリアに関する志向・動向を把握でき、進路指導に役立てていくための仕組みを共同で構築していく。さらに、立教大学キャリアセンターでは、将来的に全学生約20,000名の『VISITS OB』の導入を目指す。これにより、大量のデータが『VISITS OB』内に蓄積されることで、立教大学では、そのビックデータを解析し参考にしながら、個々の学生の状況に応じた最適なキャリア教育のコンテンツを提供していくことができるようになるという。

『VISITS OB』は、2015年12月にサービスを開始した、企業が学生のキャリア観形成のために自社の社員のキャリア情報を公開する会員制サービス。現在、大手企業や官公庁・団体を含む250社以上が参加し、7,000名以上の社会人が利用する。

『VISITS OB』を利用すると、学生は、「その仕事を通して世の中にどのような価値を提供しているのか」「どのような夢や目標を持って仕事をしているのか」など、数多くの社会人の情報を読むことができる。また、興味を持った社会人にOB/OG訪問をしたり、社会人が主催する座談会に参加することで、将来のキャリアパスや自身の可能性を真剣に考えることもできる。