「SmartHR」と「Talentio」が業務提携、内定から入社手続きをもっと便利に。

社会保険や雇用保険の手続きを自動化するクラウド労務ソフト「SmartHR」を提供する株式会社KUFUと、採用管理システム「Talentio」を提供する株式会社タレンティオは、業務提携契約を締結した。

社会保険や雇用保険の手続きを自動化するクラウド労務ソフト「SmartHR」を提供する株式会社KUFUと、採用管理システム「Talentio」を提供する株式会社タレンティオは、業務提携契約を締結した。

その第一弾として、Talentio上から内定者が出た旨や、履歴書・職務経歴書等を含む個人情報をSmartHRにワンクリックで送信するAPI連携を11月8日にリリースする。

これにより、企業の採用担当者は、Talentio上にある内定者の情報に対して「SmartHRに登録」ボタンをクリックし、SmartHRに通知を送ることができるようになる。通知を受けた労務担当者は、内定者の情報を確認することができ、従業員データとしてSmartHRに反映できる。

また、内定者の情報を登録する際には、履歴書や職務経歴書などのファイルを添付することができ、書類をスキャンしたり、ファイルをダウンロードやアップロードすることなく、情報のやりとりをカンタンに行うことができる。

今回の業務提携によって、今後、SmartHRとTalentioでは、より便利に使える連携を検討していく。

将来的には、SmartHRの従業員データベースと、Talentioの採用プロセスの分析・検証機能を紐づけ、例えば、長期にわたり活躍している社員はどの採用チャネル経由での入社が多いかなど、入社前と入社後の情報を横断的にデータ解析できる機能の開発などを行っていく予定。