「IoTとチャットボットの融合」ホームセキュリティを、もっと身近に、もっと自由に。LINEでホームセキュリティできる『leafee Premium』が誕生

Stroboは、家の戸締りをスマートフォンでチェックできるIoT窓センサー『leafee mag』が遠隔からでもチェックできるようになるサービス『leafee Premium』を発表した。『leafee Premium』の注目の機能のひとつは、LINE Bot連携。窓やドアの開閉の検知時に、LINEに通知が来たり、LINEのチャットで戸締りをチェックできる。

進学や就職、単身赴任などで一人暮らしの人も、家族がいる人も、安心安全な生活のために、ホームセキュリティ対策は一番気になるもの。その一方で、ホームセキュリティと聞くと、導入費用が高かったり、工事が必要だったり、導入ハードルが高い印象がある。

これまでのイメージを根底からくつがえし、ホームセキュリティ導入への敷居をぐっと下げるのが『leafee mag』だ。

leafee magは、窓にセンサーを貼り付けるだけで設置でき、家中の戸締りをスマートフォンで一目で管理できる、シンプルで全く新しいスマート窓センサー。窓以外にも、ドア、エアコン、冷蔵庫やトイレなど、様々な場所に貼って開閉状態も管理できる。価格は1980円と手頃な価格設定なのも魅力的である。

leafee magの仕組みはシンプル。センサーと専用磁石との距離から、窓の開閉、施錠状態を検知する。専用アプリをインストールしてBluetooth接続すれば、スマートフォンから開閉や施錠の状態を確認できる。

IoT技術を活用して戸締りをスマートにしてくれる、leafeemag。そのleafee magを、より手軽により身近なものへと進化させたのが『leafee Premium』である。

これまで、スマートフォンから開閉や施錠の状態を確認するには、Bluetooth接続をしなければならず、その電波が届く家の中でしか利用できなかった。そのため、leafee magの利用者の中には「外出中にリアルタイムで確認できるようにしてほしい」と声を上げるものも多かった。こうした需要にこたえたのが、leafee Premiumだ。leafee Premiumを使えば、leafee magのセンサー情報を、家の外からでもリアルタイムで確認することができる。なお、leafee Premiumの利用にはleafee専用ゲートウェイの準備が必要とのこと。

leafee Premiumの魅力は、なんといっても「LINE BOTでホームセキュリティ」を実現した点だ。これまでにチャットボット機能を利活用したサービスは多数出てきているが、ホームセキュリティサービスとチャットボットの連携は、国内初、世界でも類をみないだろう。

LINE Botと連携することで、窓やドアの開閉の検知時をLINEで通知したり、LINEのチャットで戸締りを確認できる。もちろん、LINEのグループ機能を使って、家族や社員を追加すれば、アプリをインストールしなくても、複数人でLINEから開閉や施錠の状態を確認できる。

leafee Premiumは、月額制のサービス。利用料金は月額980円から最大2000円程度まで、サービスの利用内容に応じて複数のプランが提供される。なお、提供開始時期は4月に先行公開され、年内に正式リリースを予定しているという。

**スマートホームを普及させたい、その一心で創業時からIoTを活用したプロダクト開発に取り組んできた。ホームセキュリティの利用には、その敷居の高さに課題がある。ひとつが “価格” のハードル。ホームセキュリティは、150万世帯で導入され、年に十数万世帯ずつ伸びている市場である一方で、導入コストが高くて比較的富裕層と言われるような人たちしか利用できない現状がある。防犯は、誰もが抱く課題であるにも関わらず、若い世代や単身世帯での導入が難しい。そこで、僕らは、若い世代や単身世帯向けにIoT技術を活用したホームセキュリティサービスを届けるために1000円台から利用できる、leafee magを発表した。**

**また、ホームセキュリティにはもうひとつの課題がある。それが “インターフェイス” のハードル。これまで、センサーや専用アプリなど新しいインターフェイスを覚えないと使い続けられなかったが、より生活の中で簡単に使ってもらえるようにLINEへ対応し、LINE BOTでホームセキュリティできるleafee Premiumを発表した。僕らのお客様でもある、若い世代や単身世帯の方々に寄り添って考えると、LINEに対応することは自然な流れでアダプテーションコストを下げるためには必要不可欠だ。彼らが日常的に利用するインターフェイスに、ホームセキュリティという新しい価値を加えることで、導入コストも、インターフェイス対応へのハードルも下げ、日々の無駄な不安を減らしていきたい。**(株式会社Strobo 代表取締役 業天亮人氏)