「Find Travel」「RETRIP」「TravelBook」が好調!最新旅行業界サイトランキング(2016年6月版)…検索キーワードは「ふるさと納税」「九州ふっこう割」が伸長

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、8月9日、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、いま夏に旅行予定がある消費者のネット行動を分析し、その調査結果を発表した。

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、8月9日、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、いま夏に旅行予定がある消費者のネット行動を分析し、その調査結果を発表した。

今回の調査は、夏の旅行予定について、全国のVALUESモニターを対象として、2016年7月4日~7月12日にアンケート調査を実施、その回答者12,133人をネット行動分析の対象にしたという。なお、前年度データについては、2015年6月25日~7月1日に、全国のVALUESモニターを対象にアンケート調査を実施、その回答者14,562人をネット行動分析の対象とのこと。

今回、Pedia Newsでは、ヴァリューズが独自に定義する「旅行・交通」カテゴリのサイトにおいて、消費者のネット行動に関する調査結果を紹介する。

### サイト訪問者数ランキング(2016年6月度)

2016年6月度のサイト訪問者数ランキングは、以下の通りとなった。

#### 上位の顔ぶれは変わらず

1. 楽天トラベル
2. じゃらんnet
3. 日本航空(JAL)
4. Yahoo!トラベル
5. 全日本空輸(ANA)

上位5サイトの顔ぶれは2014年度から3年連続で同じとなった一方で、前年比で見ると5サイト中4サイトがユーザー数を減少させている中、「日本航空(JAL)」だけがユーザー数を伸ばす結果となった。

#### 「Find Travel」「RETRIP」などキュレーションメディアが好調

6位~10位をみると、5サイト中4サイトがユーザー数を伸ばしている。特に、「Find Travel」は前年比で約3倍、「RETRIP」は前年比で約5倍と、大きくユーザー数を伸ばしている。これより、旅先やグルメの情報を投稿できるキュレーションメディアが躍進していることがわかる。

### サイト訪問者数の対前年比ランキング(2016年6月度)
また、サイト訪問者数の対前年比ランキングは、以下の通りとなった。

#### 「RETRIP」「TravelBook」らが躍進

1. RETRIP(前年比:507.3%)
2. TravelBook(前年比:357.3%)
3. Skyscanner(前年比:319.5%)
4. たびらい(前年比:316.0%)
5. Find Travel(前年比:295.0%)

上位10サイト中7サイトがメディアとなり、旅行をテーマとしたキュレーションサイトや比較サイトの全体的な伸びが見られた。

### 国内旅行予定者がよく閲覧するサイトランキング(2016年6月度)

次に、2016年6月度の国内旅行予定者がよく閲覧するサイトランキングをみてみよう。なお、旅行を検討していない人(非検討者)との乖離が大きい順にランキングを集計し、国内旅行予定者、海外旅行予定者、それぞれでよく閲覧しているサイトのランキングを作成。

#### トップ3は「じゃらんnet」「楽天トラベル」「食べログ」
旅行を検討していない人に比べて国内旅行予定者(手配済+検討中)がよく閲覧するサイトのランキング結果は、1位が「じゃらんnet」で、3年連続首位となった。

それに次いで、2位は「楽天トラベル」、3位「食べログ」。また、昨年15位だった「トリップアドバイザー」が5位にランクインし大幅に順位を上げた。

#### 「ナビタイム」など位置情報系サービスが大幅にランクアップ

その他、6位に「Yahoo!路線情報」、11位に「Yahoo!地図」、19位に「ナビタイム」が入った。特に「ナビタイム」は昨年度30位以下でしたが、今年は19位となり、昨年よりも順位を大幅に上げた。これより、具体的に現地での移動手段や位置情報を確認している様子がわかる。

### 海外旅行予定者がよく閲覧するサイトランキング(2016年6月度)
一方、2016年6月度の海外旅行予定者がよく閲覧するサイトランキングをみてみよう。

#### トップ3は「H.I.S.」「トリップアドバイザー」「エクスペディア」
旅行を検討していない人に比べて海外旅行予定者(手配済+検討中)がよく閲覧するサイトをみてみると、1位「H.I.S.」、2位「トリップアドバイザー」、3位「エクスペディア」となった。ユーザーのレビューやクチコミが充実しているホテル予約サイトが上位3サイトのうち2サイトとなる結果だ。

#### 「Booking.com」など格安予約系が大幅にランクアップ
また、昨年度は上位30位に入っていなかった「Booking.com」「ホテルズドットコム 海外格安ホテル予約」「ジェットスタージャパン」などの、格安ホテルや格安航空券を探せるサイトが上位30位にランクインした。

### 検索キーワードランキング(2016年6月度)
最後に、2016年6月度の検索キーワードランキングをみよう。このランキングは、GoogleおよびYahoo!の検索を対象に、今年の夏に旅行を予定している人が、どのようなキーワードで検索しているかをもとに作成。

#### 国内旅行予定者は「旅行系ワード」「ふるさと納税」

国内旅行予定者では、5位「じゃらん」、6位「ANA」、7位「楽天トラベル」、8位「JAL」などの旅行系ワードがTOP20入り。

また、15位に「ふるさと納税」がランクイン。ふるさと納税をすると旅行をプレゼントする自治体もあることから、国内旅行検討者の検索であがってきたと考えられる。

#### 「九州ふっこう割」も上昇

国内旅行予定者の中では、「ふるさと納税」以外にも「九州ふっこう割」が注目を集めている。

「九州ふっこう割」検索者数は、推計値で6月に4万8900人、7月は25万8000人。検索者数雨が7月に大きく増加する結果となった。

また、「九州ふっこう割」を含むキーワードを検索後にアクセスしたサイトをみると、

1. 九州ふっこう割お知らせサイト
2. Travelers Navi
3. じゃらんnet

となった。

#### 海外旅行予定者は「ANA」「HIS」「JAL」など

一方、海外旅行予定者では、4位「ANA」、8位「HIS」、9位「JAL」、13位「じゃらん」、16位「JTB」、19位「エクスペディア」などがTOP20にランクイン。

なお、旅行を検討していない人(非検討者)の検索キーワードランキングをみてみると、旅行系のキーワードに該当するものはなかった。