「coincheckウォレットは、デジタル銀行へ」電気代のビットコイン支払いを日本で初めて開始

ビットコイン決済サービスcoincheckを運営するレジュプレス株式会社とLPガス事業者の三ッ輪産業株式会社は、本日、電気料金やガス料金等、公共料金のビットコインによる支払い方法の導入に関して基本合意したことを発表。11月初旬に、電気代をビットコインで支払うことができる「coincheckでんき」の提供を開始予定。

ビットコイン決済サービスcoincheckを運営するレジュプレス株式会社とLPガス事業者の三ッ輪産業株式会社は、本日(9月26日)、電気料金やガス料金等、公共料金のビットコインによる支払い方法の導入に関して基本合意したことを発表。

これに伴い、まず、三ッ輪産業の子会社であり小売電気事業者(A0067)の株式会社イーネットワークシステムズ(ENS)と電気事業に関して業務提携したことを明らかにした。11月初旬に、電気代をビットコインで支払うことができる「coincheckでんき」の提供を開始予定。2016年9月26日より事前受付を開始する。

「coincheckでんき」は、電気代をビットコインで支払うことができるプランを含め、ライトユーザー向け、ヘビーユーザー向けの2つの料金プランがある。

ライトユーザー向けプランは「生活するだけでビットコインが貯まる」プラン。電気料金、支払方法は今までの電力会社と同一であるものの、削減電気代をビットコインで還元し、電気代の4〜6%のビットコインがcoincheckウォレットに貯まる。

ヘビーユーザー向けプランは「電気代をビットコイン決済」プラン。電気料金は既存の一般電気事業者のプランよりも4〜6%程度安価になり、さらに電気料金の支払をビットコインで対応する。

また「coincheckでんき」を供給するENSは、国内17地点の発電所、世界22カ国で電力事業の実績のある丸紅グループの電力会社「丸紅新電力」と提携し、電力を供給する。供給エリアは、関東・関西・中部エリアとなり、今後順次エリアを拡大予定。

今回の業務提携によって、レジュプレスでは、電気代にとどまることなく、ガス代・水道代・携帯代などの生活インフラをビットコインで支払えるように進めることで、「coincheckウォレット」をデジタル銀行としていきたい考えだ。

具体的には、今後、三ッ輪産業グループ以外の提携パートナーも増やし、携帯電話代などの生活インフラ代の支払いもビットコイン支払いで可能にする計画。

レジュプレス株式会社

coincheck