「第二のNest」スマート無線LANルーターeero、シリーズBで約54億円を資金調達

Nestのデザイナーなども参画して「第二のNest」と呼び名の高いスマート無線LANルーターeeroは、シリーズBで5,000万ドル(約54億円)の資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達で、資金調達額は9,000万ドル(約96億円)以上となった。

DESCRIPTION

Nestのデザイナーなども参画して「第二のNest」と呼び名の高いスマート無線LANルーターeeroは、5月25日、シリーズBで5,000万ドル(約54億円)の資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達で、資金調達額は9,000万ドル(約96億円)以上となった。

今回のラウンドは、Menlo Venturesがリードで、Index Ventures、既存投資家のFirst Round Capital、Shasta Ventures、Redpoint Ventures、Playground Globalなどが参加した。

eeroは、2014年、Nick Weaver氏、Nate Hardison氏、Amos Schallich氏、Jon Rubinstein氏、Fred Bould氏によって設立された会社。eeroは、Wi-FiとBluetoothに対応する家庭用の無線LANルーター。

今回の資金調達によって、eeroは、ワールドクラスな顧客サポートを提供するとともに、採用を強化していきたい考えだ。

DESCRIPTION

なお、eeroは、6月1日よりBestBuy.comでの販売し、今夏(2016年夏)には米国国内のBest Buyの500店舗以上で販売を開始する予定だ。

738007225730490370