「ママリ」を提供するConnehito、Syn.ホールディングスの連結子会社化へ

妊娠・出産・子育てなど、女性のライフステージごとに訪れる悩みや不安を解消するサービス「ママリ」を提供するConnehito株式会社は、Syn.ホールディングス株式会社による当社株式の取得を通じ、Syn.ホールディングスの連結子会社となった、と発表した。

DESCRIPTION

妊娠・出産・子育てなど、女性のライフステージごとに訪れる悩みや不安を解消するサービス「ママリ」を提供するConnehito株式会社は、6月16日、2016年6月7日付でSyn.ホールディングス株式会社による当社株式の取得を通じ、Syn.ホールディングスの連結子会社となった、と発表した。

Connehitoはこれまで、「人の生活になくてはならないものをつくる」を使命に、妊娠・出産・子育ての疑問を解決する女性のための生活応援サイト「ママリ」と、Q&A アプリ「ママリQ」を提供。両サービスは、提供開始からわずか2年超で利用者数が500万人を突破する、国内最大級の家族向けサービスに成長している。さらに「ママリQ」は、2015年に出産予定日を迎えた人の10人に1人が登録しているコミュニティとなっている。

今回の連結子会社化によって、ママリは、今後Syn.ホールディングス傘下のSupership株式会社のメディア事業と連携し、「ママリ」および「ママリQ」の成長を更に加速させるとともに、両社の資産を活用した新たなサービスの開発を行う予定だ。

新体制では、Connehitoから代表取締役である大湯俊介氏は引き続き代表取締役社長として経営に従事し、Syn.ホールディングスから、代表取締役会長として森岡康一氏が参画し、経営体制の強化を図る考えだ。